--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-20

「暮しの手帖社の1世紀から現在まで」古書フェア@ガケ書房のお知らせ。

いつもとってもお世話になっている京都は北白川のガケ書房さん。

「書店」のくくりにはおさまらない、
いつも面白くてドキドキする何かを求める多くのお客さんから愛される新刊本屋さんです。

店内に常設されている名物(!)の古本棚では、
町家古本はんのきも古本を並べさせていただいています。

そんなガケ書房さん店内にて、
雑誌「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎さんの新刊『暮しの手帖日記』発売に併せた、
暮しの手帖社単行本(新刊)のフェアが開催されます。

暮しの手帖1

期間中、古書による「暮しの手帖」創世記のバックナンバーフェアや
昭和の生活提案本・料理本を販売!

はなめがね本舗も、
暮しの手帖第1世紀、第2世紀のバックナンバーほか、
昭和のレトロな料理本、オンナ実用、手芸の本などなど
暮しにまつわる本たちたくさん出品させていただきます。

書籍お買い上げのお客様には、先着で<暮しの手帖ノート>が
プレゼントされるそう。

本日、無事に納品完了☆
フェアスタートが楽しみです。

暮しの手帖2
出品本のごくごく一部。
お手にとってじっくり楽しんで、暮しに役立ててほしい本ばかり!


京都にお住まいの方はもちろん、
遠方からのお客さまもぜひぜひお立ち寄りくださいませ。


■■■暮しの手帖社の1世紀から現在まで■■■

期間:9月22日(祝)~10月5日(金) 

場所:ガケ書房店内

古本提供:シマウマ書房 はなめがね本舗 モダンジュース


ガケ書房
〒606-8286京都市左京区北白川下別当町33
  (京都の街の北東、銀閣寺方面です)

営業時間:12:00 ~ 22:00
     元旦のみ休み

電話:075-724-0071

--------

町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの9月の店番表はコチラ
                
町家古本はんのきツイッター @MFhannoki



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。