--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-13

帰ってきた本棚展 と 幻の映画上映

です。

約100人の本棚展

「約100人の本棚展」

とき:2012年10月19日(金)~21日(日) 10~21時(最終日18時)
ところ:江之子島文化芸術創造センター(大阪・阿波座)

前回、「約50人の本棚展」で、実質100人以上の本棚が集結した、アノ古本市が帰ってくる、とゆうことで、今回も参加させていただきます。主催は、前回に引き続き、KOF(駒鳥文庫on the booksFOLK old book store)のお三方。余談ですが、KOFって聞くと、キング・オブ・ファイターを思い出しますね。余談です。今回の開催地の江之子島文化芸術創造センターには、10月に、on the booksさんが移転される予定。大阪の古本イベントの、新たな拠点になっていくのでしょう。楽しみ。

今回の本棚展も、一般参加の募集を受け付けているそうです。お問い合わせは、上記の3店舗様まで。
ツイッターのアカウントは➝ @50hondana


画像クリックで拡大

「フォークドキュメンタリー映画「吉祥寺発赤い電車」上映会」

とき:2012年9月15日(土) 20時から
ところ:ガケ書房
おだい:入場料1000円(ガケ書房500円商品券付)
    先着40名、予約は、ガケ書房さんまで

「1972年に自主映画団体“無援舎”によって製作された記録映画『吉祥寺発赤い電車』。高田渡を軸に当時のフォークブームの様子が記録されており、武蔵野タンポポ団の村瀬雅美、シバ、若林純夫、山本コウタローそして、三上寛、遠藤賢司、友部正人、小野和子らのステージの様子が収録されている。“無援舎”の活動休止とともに消息を断っていたフィルムが、2007年に前半部分だけ発見され、今回特別上映(約40分)! 」(ガケ書房HPより)。

現在、高田渡さんが若き日に自費出版した詩集が、文遊社さんより復刻されたことを記念して、同じく同氏が若き日に撮影した京都の写真が、ガケ書房さんの店内で展示されています。こちらと合わせて、ぜひ。



本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

本日の店番読書:『翻訳家の仕事』(岩波書店編集部編、岩波新書、2006年)

町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの9月の店番表はコチラ
                
ツイッターやってます。時たま、つぶやきます。
町家古本はんのき @MFhannoki
はなめがね本舗 @hanamegane_info
古書ダンデライオン @koshodandelion


スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。