--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-01

第一回「天神さんで一箱古本市」に出店しましたー!

先週土曜日は、気持ちいい秋晴れと真っ赤な紅葉の下、
第一回「天神さんで一箱古本市」に出店させていただきました。

紅葉
はなめがねブースより。紅葉も見ごろでした!

善行堂さん、ありの文庫さんなどなど、
そうそうたるメンバーに交じって、
はんのきも三人それぞれ一箱出店。

出店のようす

ダンデおじさんの濃ゆーい文庫本ラインナップや、
安すぎる!とたくさんの方がほくほくしながらゲットしていた思いの外くんの箱、
乙女色満載で行ったつもりが、渋い・・・と言われてしまったはなめがねなど、
それぞれの色が一箱にぎゅっと詰まっていたかなと思います。

思いの外
お客さまと会話はずむ思いの外くん。

わたしはなかなか他の方の箱が見れずに残念だったのですが、
どこも皆さん、とっても楽しそうにお買い物、
そして出店されているのが印象的でした。
はなめがねブースでも、皆さまいろんなお話をしながら本を手にとってくださいました。

本当に雰囲気のいい市を開催してくださった主催の榊翆簾堂さん、スタッフの皆さま、
そしてそして、遊びに来てくださった皆さまありがとうございました!
(岐阜からのお客さまもいらっしゃいましたよー!すごい!うれしい!)

賞状

そして先日、主催の榊翆簾堂さんがはんのきに来てくださり、
売り上げ一位の賞状を下さいました。
写真のノートはトロフィーのかわりに、これから代々記録が残っていくそうです。
記念すべき第一回!うれしいですね。
ありがとうございました。


はなめがね本舗
なかむらあきこ



町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの12月の店番表はコチラ
                       
はんのきツイッターやってます。時たま、つぶやきます。
              @MFhannoki
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

古本市にて

はんのきさん、こんばんは。
一箱古本でお会いしました古都書林と
申します。
はんのきさんにお会い出来てうれしかった
です。
加田怜太郎の本、私もほしかったのに、
あっという間に売り切れたなんて...w
でも他の本も気になったのがあったので、
今度はぜひ実店舗へも遊びに行きますね!
そのときはまた、色々教えて下さい。
次回の古本市でも、ぜひお会いしたいです。
それではこれからもお元気で、良いお年を...

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

古都書林さま

その節は、ありがとうございました。
境内という場所も相まって、のんびりした良い雰囲気でしたね。
加田伶太郎全集、桃源社版の単行本も、時たま見かけるので、ぜひ読んでみてください。
お店でもお待ちしております。
次回古本市も、開催が決まったと、榊さんにお聞きしたので、楽しみですね。
またお会いできることを楽しみにしております。
良いお年を~。
プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。