--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-31

走る 何が? 古本が あと 6月 の 店番表

です。

画像クリックで拡大

星空列車 左京ワンダーランド号

6月4日(土)、今年も古本載せて走ります。着いた先には楽しいお店たち。ライブのBGM付きの電車なんて、中々乗れませんよ。ぜひぜひ。
まだ少し予約に空きがあるそう。急げ!!

発車時間、イベント内容、出店者さん、予約申し込みなどは、コチラ
一箱出店者さんなど、詳しい情報はコチラ

当日は、はなめがね本舗と思いの外が、列車内店番いたします。ダンデライオンは、はんのき店舗の方の店番です。元気な方は、両方どうぞ~。


画像クリックで拡大

5月は色々イベントありました 6月も色々あります 楽しみましょう



町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの6月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

本日の店番読書:『異貌の科学者』(小山慶太、丸善ライブラリー、1991年)
         『本に読まれて』(須賀敦子、中央公論社、1998年)
                       
余談:ツイッターやってます。時たま思い出したようにつぶやきます。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」もやってます。
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

“はんのき”の本棚からですね

 『本に読まれて』、“はんのき”の本棚(入って右側)からですね。
 この前お店にお伺いした時に、初めて発見しました(なかなか三和土の方は
見ていなかったもので...)。
 やっと読み(引き?)終わったばかりの『ハザール辞典』とか、当然タブッ
キの本とか、いろいろ気になる本達が取り上げられていて、いつか読みたいな
と思っていた本でした。
 ブックガイドとしても好適という印象でした。
 いかがでした?

さすが、チェック済みでしたか。。

最近、また、須賀敦子さん(のお名前や本)との接近があり、まだ読んでなかったので、また、知らぬうちに(苦笑)並べていたので、読んでみた次第です。

仰るとおり、ブックガイドとしても良いですし、まだ未読のイタリア作家や詩人の紹介も、須賀さん独特の素敵な文章で楽しめます。読みたい本がまた増えました。

個人的には、タブッキ×ペソアの、以前教えていただいた「異名者」を踏まえての小論や、ハザール事典の紹介、少し前に読んだモラヴィアのことが読めたのが、特に嬉しかったです。

中公文庫にも現在入ってますが、やっぱり単行本はゆったり読めていいです。

 『本に読まれて』、ご報告ありがとうございます。
 やはり、おもしろそうですね。

>中公文庫にも現在入ってますが、やっぱり単行本はゆったり読め
ていいです。

 そうなんですよね。そして、こういった情報も隠さず(?)お教
えいただけるところが、ダンデライオンさんなんですよね。

# なので、ダンデライオンさんで購入した本には後悔がないんです。

 実は、河出の須賀敦子全集にも入っているようで、またぞろ“集
め虫”の誘惑にさらされはじめています。

# ますます営業妨害?。でも、『本に読まれて』は売り物じゃなく
店主さんの蔵書ということで(勝手に)許してもらおう。
# それに、おっしゃるとおり単行本にはやはり文庫本にはない良さ
があるわけですし。(最近では、なにより字が少し大きいのが一番
のメリット!)

>須賀敦子さん(のお名前や本)との接近があり、

 私が最近接したのは、シモーヌ・ヴェーユ『カイエ4』の月報へ
の須賀さんの寄稿でした。
 シモーヌ・ヴェーユと言えば、カミュとの繋がり(カミュがヴェ
ーユの本の出版に尽力等)もあるようで、本の森の奥への放浪がま
た始ります。
 それでは、また。
プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。