--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-29

第2回古本フェス@トリペル ~春の読みわすれ、夏の読みはじめ~

です。

第2回古本フェスは、無事終了しました。ありがとうございました。
↓情報追加中!!(4月29日現在)


画像クリックで拡大     画像クリックで拡大



第2回古本フェス ~春の読みわすれ、夏の読みはじめ~

とき:2011年5月3日(火、祝)~8日(日)、11時~20時、会期中無休

ところ:古本・マンガカフェ・トリペル
    〒602-0019
    京都市上京区下木下町183-6

参加店:あうん堂本舗(石川・金沢)
     古書 五つ葉文庫(愛知・犬山)
     古書とみたか(大阪)
     100000t(京都)
     子子子家本舗(京都・無店舗)
     ふるほんやロシナンテ(京都・無店舗)
     古書ダンデライオン(京都)


※子子子家本舗、ふるほんやロシナンテさんは、ガケ書房内に棚があります。


第1回古本フェスより3ヶ月、今度は、トリペルメンバーの畑の植え替え休みに乗じて、開催いたします。ショート・バージョンではありますが、今回も、遠方の古本屋さんにご参加いただいてますので、どうぞ、お楽しみに~。

あうん堂さんは、金沢の古本カフェ。宿泊できる「屋根裏あうん堂」もあります。今年8年目の古本屋さんです。お店の近くのお寺にて、月一回(冬季を覗く)、一箱古本市@源法院も開催されています。

五つ葉文庫さんは、面白い書き込みのある古本を「痕跡本」として、再評価されたことでも有名な古本屋さん。誰に頼まれるともなく、ブックマークイヌヤマを開催、こちらも、一箱古本市を同時開催。

古書とみたかさんは、町家古本はんのきも一緒に、サンポマガジンの第4号「古本ニューフェース」で紹介されたお店。昨年の芦屋の小さな古本市にも参加されました。私、同い年です。

100000tさんは、もはや京都の名物店と言っても過言ではないお店。店主のカジさんとビトー君が、何かしら面白イベントやってます。レコード・CDだけでなく、古本も楽しいお店。

子子子家本舗さんは、時には新刊書店員、時には消しゴムはんこ職人(こちらの名前は、子子子子子子 子子子子子子屋(ねこのこのこねこ ししのこのこじしや))、時には古本屋というミステリアスな方。ご存知な方も多いかも。

ふるほんやロシナンテさんは、ガケ書房古本棚のベテランさん。前回の古本フェスの時に、出店希望をいただいたのです。古本好きの確かな眼に選ばれた古本が並びます。神戸の海文堂書店さんでも出店経験あり。

今回のフライヤーも、ぱんとたまねぎの林舞さんにデザインしてもらいました。福岡へ、遠隔発注。北九州市の『雲のうえ』にも関わるんだとか。フリーペーパー最新号ももうすぐ発酵するそうです。

また、近隣には、町家古本はんのき(4月15日リニューアルオープン!)、KARAIMOBOOKSさん、獺祭書房さん、萩書房さん、澤田書店さんなど古本屋さんがあります。こちらもあわせてどうぞ。


古本フェスのフライヤー設置店(順不同、敬称略)
三月書房ガケ書房ジュンク堂書店 京都店月と六ペンス、エレファント・ファクトリー・コーヒー、雨林舎珈琲と本 さんさか、逃源郷、AMUCA(アミュカ)mocomococafe、チタチタ喫茶、Ital Gabon(アイタルガボン)、yugue(ユーゲ)、OKABARCaffe ZoeROCCACafe1001ことばのはおとカフェとショップ・酒房 たなかや書肆 砂の書、あうん堂本舗、100000t、古書とみたか、KARAIMOBOOKS古書善行堂、一色文庫、トンカ書店、獺祭書房、ありの文庫セルフソウ・アートギャラリー、町家古本はんのき


・古本フェス開催中、店内での飲食はできません。ご了承ください。
・専用駐車場はございません。公共交通機関、もしくは近隣のパーキング等ご利用ください。
・書籍のお取り置きは、引き受けいたしかねます。ご了承ください。

お問い合わせ:古書ダンデライオン・中村 
          TEL:075-211-1977 MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。