--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-16

花冷え

です。

画像クリックで拡大

今日は、家から外に出た瞬間、ヒヤッとして、着る服を間違えたかなぁ、と思いつつも、そのまま店へゴー。季節の変わり目の服装はいつも迷ってしまします(そして大概ハズレる)。ともかくも、本日は、リニューアル後、初の単独店番。とはいえ、慣れたもんで、いつも通りの開店。

今日も色々な方が来てくださいました。“超”常連のガイブンスキーさん、ブログを見て来てくれた学生さん、吉祥寺でフリーペーパーも出されている学生さん、以前から来てくださっている方々、新メンバー・はねめがねさんのお友だちのNさん(なんと、プロボクサー!初めてライセンス見ました)、差し入れしてくださったKさん(ありがとうございました~)、これから結婚パーティーに行くという、おめかししたMちゃん、などなど、皆さん、新しいお店を楽しんでいただけたようで、嬉しかったです。

店内、少し配置換えしてます。また、これから変化があると思います。ちょこちょこ、と。

閉店後、残業してると、なんと、Yくんが。彼は、元・京都建築専門学校の学生さん。学生時代に、放課後、はんのきの改修工事に来てくれて、活躍してくれた子です。今は、滋賀の建築会社に就職し、最近は、京都の現場にいるとのこと(築100年近くの建物の解体・移築!)。久しぶりに来てくれて、「店内、だいぶ馴染んできましたね~」と言ってくれたのは嬉しかったです。

思い返せば、はんのき改修から、開店、第一期はんのき終了まで、色々ありました。これからも色々あるはず。第一期と同じように、メンバーと、お客さんと、それなりに楽しめれば。

ホットな一日だったものの、帰るころは、また一段と冷え込んでいて、ガクガク震えながら帰りました。皆さんも風邪などひかれませんよう。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの4月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

本日の店番読書:『日本の名随筆 別巻3 珈琲』(清水哲男編、作品社、1991年)
            
余談:ツイッターやってます。時たま思い出したようにつぶやきます。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」もやってます。
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。