--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-06

501日目

です。

実は、昨日は500回目の営業日でした。気付いたのは、開店時に日誌を見て。そろそろやなぁ、とは思っていたのですが、最近バタバタしていて、頭から飛んでいたので、特に何もせずじまい。まぁ、ええか、といつもどおり淡淡と。1000日目の時は、何かしようか、などと思いつつ。

501日目の今日は、日中暖かく、お客さんもいつもより多くご来店。近くのトリペルの手づくり市とハシゴしてくださった方もおられました。こういう日には外に出て、古本屋めぐりをして、途中でコーヒーでも飲んで、またぶらぶらして、と脱魂しかけましたが、目の前の作業をせっせと(値付けとブックカバー作り)。

いよいよ古本フェスが近づいてきましたが、ほんとにどうなるやら。昨日、電話で話した城田さんからは、「無理をせんとね、気楽にやったらいいんよ」と、言われ、確かにそう、自分でやるのだし、気楽にやろう、と思い、さらに電話で話した徒然舎の廣瀬さんが「出せない本は出せませんもんね」とおっしゃったのに、そうだそうだ、と思い、まぁ、できることをぼつぼつと、という結論に落ち着きました。まぁま、お楽しみ。上のお二方とも、会期中に来られるかも。それも楽しみ。

一昨日、トリペルにて開かれた「ぱんとたまねぎ林舞送別会」ですが、多くの方に来ていただき、楽しいお別れ会となりました。ありがとうございました。お店という場所はあるんだけれども、やっぱりその時々の楽しさが表れてくるのは、来てくださる方があってこそ、ということをつくづく感じました。その中心となった林さんは、やっぱり凄い娘やなぁ、とも。天然ですが。彼女が、はんのきを取材してくれなかったら、この送別会はなかったかもしれない訳で、はんのきというお店をやって良かったな、とも思った501日目でした。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの2月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン

本日の店番読書:今日は読めず・・・       

余談:ツイッターはじめました。時たま思い出したようにつぶやきます。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」もやってます。2月11日(金)から20日(日)、古本フェス開催!!
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。