--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-04

はんのきの開店

町家古本はんのき

2009年7月4日(土)、ついに「町家古本はんのき」が開店いたしました。
多くの方々の協力で、何とかここまで・・・
感無量でホロリときましたが、やっぱり前日はドタバタでした。

店内

前日の夜12時頃の店内の様子です。空っぽですね、棚が。この直前に、ようやっと照明器具周辺の設置が終わり、棚を並べたところです。獺祭書房さんご夫妻が差し入れを持ってきてくださいました。「本、まだだね・・・」「まだです、は・は・は」。

この後、各自、家に本を取りに帰ったり、店内に持ち込んでいた本に値付けをしたり。さぁ、ここからが大変でした。運ぶに重い本、埋まらない棚。

夜を徹しての値付け&運び込み作業でしたが、ついに開店時間を迎え、結局棚は・・・
お客様がいらっしゃる中、値付けをし、本を入れていきました。

お客様第1号の「砂の書」さんをはじめ、カライモブックスさん、獺祭書房さんなど近隣古書店の方々や、お世話になった京都建築専門学校の皆様、色々な形でウチの開店作業を知ってくださった方々、友人・知人、三月書房さんのメルマガ・ブログをご覧になった方、山本善行さん(明日開店!お電話ありがとうございました)のブログをご覧になった方々、以前から工事を見守っていただいていたご近所の方々、通りがかりに立ち寄ってくださった方々、ほんとうに多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。

実際に本を手にとっていただいて、買っていただく喜びは格別でした。また、「いいですね、町家」、と言って頂けるのがとても嬉しかったです。

まだ風邪を引いている(隙間のある)棚ですが、きちんと並べていきますので、お近くにお越しの際は覗いてみてください。表には「均一籠」もあります。

何はともあれ、楽しい初日でした。


本日の執筆:中村
スポンサーサイト

theme : 写真ブログ
genre : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。