--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-19

蝶とプールとお酒と夕焼け

です。

画像クリックで拡大

今日は、たまらない暑さでした。店番で座っていると、汗がじわりじわり。昼過ぎは無風に近く、奥の庭に水を撒きに。昔からの町家暮しの知恵として、家の表か裏に水を撒き、水が蒸発して発生する気圧差で風をつくる、というのがあり、はんのきでもそれを実践しています。

奥の庭では、名も知らぬお花が咲き誇っていて、今日は蝶が蜜を吸いに来てました。かなり大きい。名も知らぬ花に名も知らぬ蝶が。体が大きいからか、庭中の花に順繰りに留っていってました。

暑い暑い、プールででもひと泳ぎしたいなぁ、と思っていたら、知人ご来店。プールでひと泳ぎしてきたとのこと。うらやましい。プールでね、ひと泳ぎしてね、アイスを食べて昼寝。今考えられる一番の幸せではないかと思います。でも、ちゃんと泳げるかが不安。

画像クリックで拡大

先週のこと、カライモブックスの奥田さんご夫妻が一周年のお祝いに来店くださり、日本酒「夏 にごり 発泡純米生」(木戸泉酒造株式会社)と「かんころもち」をいただきました。

もちろんその場で一緒に呑みました。奥さんはお腹に赤ちゃんがいるのでジュースを。お酒、美味しかったです。炭酸で爽快な飲み口ながら、しっかりとしていて、旨みもあり。半分ずつ呑みましたが、夜まで酔ってました。たまにはいいでしょか。

画像クリックで拡大

暑かった今日も、夕方になるといい風が吹いて、夕焼けも綺麗でした。仕事でしたが、それなりに良い祝日でした。皆さんはいかがでしたでしょうか?


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの7月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン

本日の店番読書:『古本暮らし』(荻原魚雷、晶文社、2007年)
        『活字と自活』(荻原魚雷、本の雑誌社、2010年)
         
余談:ツイッターはじめました。2、3日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。しかし、長いことつぶやいてないなぁ。。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」がオープンしました。少しずつ古本入れてます。
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。