--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-02

初夏の便り

です。

画像クリックで拡大

変な寒暖の起伏も過ぎ、ようやっと夏らしくなってきました。紫陽花も咲きはじめているのがチラホラと。晴天続きなのが、また良いですね。絶好の古本屋めぐり日和続き、もとい、ビールの美味しくなる季節、もとい、外で楽しく過ごせる日々の到来ですね。でも入梅もすぐそこ?雨もほどほどなら良いです、この季節。

はんのきに、名古屋から嬉しいお便り。極上フリーペーパー「屋上とそら VOL.02」が届きました。夏の屋上といえばビアガーデン。もちろんそのビアガーデンの話題も。去年は行きそびれました。今年こそは行きたい。それは置いといて、今回もインタビュー、オクジョ、屋上でオススメ本などなど、面白いですよ。なんと屋上Tシャツも7種類に増えたそう。これは欲しい・・・。裏側一面の屋上写真も良い。店頭に置いてますので、ぜひぜひお持ちになってください。数に限りがありますので、はやいもんがちです。公式ホームページはコチラ

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

そして、いよいよ今月。「風博士と行く一箱古本列車inエイデン号」、6月13日(日)、第1回目12:45、第二回目15:15。なんとびっくり電車の中でライブ&古本市。これはもう乗るしかない。はんのきも出店させていただきます。頑張って良い本出しますよ。他の出店者さんもスゴイ!ぜひぜひ。定員がありますので、ご予約をぜひ。予約・お問い合わせはガケ書房さんまで。詳細はコチラ。いや~、楽しみ楽しみ。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの6月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村(古書ダンデライオン

本日の店番読書:『壊れものとしての人間 活字のむこうの暗闇』(大江健三郎、1973年、講談社文庫)
         
余談:ツイッターはじめました。2、3日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。しかし、最近つぶやいてないなぁ。。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」のオープン日が6月15日(火)に決まりました。どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。