--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-09

さまざまな国の言葉

商品の仕入れをしていると
店主の趣味や属性とは無関係にさまざまな種類の本が入荷します。
日本語以外の言語の本もそんなものの一つ。
以前、ロシア語の本があったのですがあまり動かないので
店舗から窓際へおいやられついにはお蔵入りとなりました。

写真集や美術展の図録などは、理解できない言語のものでも
ビジュアル的に楽しめるもので
むしろ言葉が分からない面白みというものもあります。

また、旅行中なら、言葉が多少分からないことなど
あまり気にならないものです。
国外を旅行していて、表記も会話もチンプンカンプンな状況で過ごしていると
それはそれで気楽なもので、普段の何でも分かってしまう状態とは
一味も二味も違った感覚を味わえるものです。
いかに普段の生活の中で言葉の意味に頼っているかが思い知らされます。

確か小学校でローマ字を習った記憶がありますので
日本で義務教育を受けた人の場合、ひらがな、カタカナ、漢字に加えて
一応、アルファベットも読めることになります。
そのため言葉の表記にアルファベットあるいは漢字を使用した言語を使う国では
レストランのメニューを見て内容が完全には分からなくても
穴あきパズルのようにうっすら分かるということもあります。
アラビア語など、アルファベットや漢字以外の文字で
表記される言葉を母国語に持つ国では
本当に何もさっぱり分からないということになるんでしょう…。

以上、あまり上手い前ふりにはなりませんでしたがお知らせです。
このたび中国語、韓国語の資料が入荷しました。
なにはともあれ、ひとまず、棚に並べてみました。

中国韓国

『学原月刊』中華民国68年、『大東文化研究』1982年ほか


by avocadou

●4月の催し:3月13日~5月16日:洛中洛外風散歩-町家ショップらりぃ2010-
●町家古本はんのきの場所:地図
●開店時間:4月の店番表
●今月のお休み: 6(火)、21(水)、28(水)、29(木)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。