--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-15

豆本が来た日

です。

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

今日は少し昨日より暖かく、思わず開店しつつ日向ぼっこ。来週になればもっと暖かくなるそう。待ち遠しいですねぇ。

と、本日も買取のお客様が。雑誌や単行本と合わせて、豆本もお売りくださいました。『小川国夫の本』(小笠原淳、現代豆本館)と『辻邦生の本』(伊東康雄、かながわ豆本)。状態も良く、包みの布付き。あ~、豆本ってタマンナイです。造作の可愛さ。武井武雄の豆本(武井氏作のものは正しくは「刊本」)もいつか生で見てみたい・・・。こちらは、さっそく明日から店頭に並べます。ぜひぜひ手にとってみてください。

豆本、自分の蔵書では1冊だけ持ってます。『初期プロレタリア詩人 新島栄治のこと』(内藤健治、緑の笛豆本192集)。はんのきで取り扱いさせてもらっている、東京のPippoさんの『てふてふ 一匹目』に収録されている新島栄治の「飛びゆく種子」で初めてこの詩人のことを知り、某古書店にて発見、購入。新島栄治も一時、古本屋をしていたそうです。詩人の人は古本屋に縁がありますね。

話を戻すと、他にも、倉橋由美子や野呂邦暢、北杜夫なども入荷しました。ダンデライオンの本もちょくちょく追加中。寒さに負けず、ホット(気温はそうでは・・・)な古本屋へぜひお越しを。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの1月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村(古書ダンデライオン・ホームページ、ブログ移転しました。ブックマーク・お気に入り追加よろしくお願いいたします。)

本日の店番読書:『メグレ激怒する』(ジョルジュ・シムノン、長島良三訳、河出文庫、1988年)
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。