--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-16

クリスマスツリー&本日のブックカバー

ようやくクリスマスツリーを飾りました。
1980年代製のツリー。
モールでできたサンタさんなど
かざり人形に多少のレトロ感が…。

窓際には、クリスマスの時期に下界へ降りてくる
おじいさんたちも並べました。
プレゼント用の包装紙もあります。
weihnachtsbaum1.jpg weihnachsbaum.jpg


《本日のブックカバー》
file.1「檸檬」
第一号★はんのき特製ブックカバーをお選びいただいたのは
ご近所にお勤め先があり、ときどき店前を通りかかるというお客様。
選ばれたのは「レモン」柄でした。

昨今の学生自治や学生会館事情などに詳しい方でした。
この手の話題が人々の口にのぼる際に漂う濃ゆい京都臭に、
気分はすっかりノスタルジック(*^^*)
学生運動などとはまったく関係のない世代なはずですが
もしかするとこの町の隅々にはその種の空気が溜まっていて
知らずうちに吸いこんでいるのかもしれません。

buechejacke2.jpg

ところで、レモンと本屋といえば梶井基次郎と丸善。
2005年10月10日丸善京都川原町店が閉店した際
閉店間際の店内にはレモンの記念スタンプが設置され
ひそかなブームを巻き起こしていました。

なんでも閉店が決まった年の春ごろから
お客さんがレモンを店内に置いていくことが増えて
店員がそれをバスケットにまとめて、小説『檸檬』の特設コーナーを設けた
などと新聞に掲載されていたようです。

かくいう私も丸善に別れを告げに足を運んだくちです。
文庫本を一冊買ってスタンプを押して帰ってきました。
どんな本を買ったのかどうしても思い出せませんが、
その文庫を開くときっと今でもレモンの記念スタンプを押したメモ用紙が出てくるはず。
今日は何かと「懐かしさ」に触れる一日でした。

buechejacke1.jpg
なお、このカバーは
コラージュの端がめくれてきたら
寿命です。


by avocadou店主

12/30イベント:2010年の夢を叶えるコラージュ作り
町家古本はんのきの場所:地図
開店時間:12月の店番表
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。