--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-29

第2回古本フェス@トリペル ~春の読みわすれ、夏の読みはじめ~

です。

第2回古本フェスは、無事終了しました。ありがとうございました。
↓情報追加中!!(4月29日現在)


画像クリックで拡大     画像クリックで拡大



第2回古本フェス ~春の読みわすれ、夏の読みはじめ~

とき:2011年5月3日(火、祝)~8日(日)、11時~20時、会期中無休

ところ:古本・マンガカフェ・トリペル
    〒602-0019
    京都市上京区下木下町183-6

参加店:あうん堂本舗(石川・金沢)
     古書 五つ葉文庫(愛知・犬山)
     古書とみたか(大阪)
     100000t(京都)
     子子子家本舗(京都・無店舗)
     ふるほんやロシナンテ(京都・無店舗)
     古書ダンデライオン(京都)


※子子子家本舗、ふるほんやロシナンテさんは、ガケ書房内に棚があります。


第1回古本フェスより3ヶ月、今度は、トリペルメンバーの畑の植え替え休みに乗じて、開催いたします。ショート・バージョンではありますが、今回も、遠方の古本屋さんにご参加いただいてますので、どうぞ、お楽しみに~。

あうん堂さんは、金沢の古本カフェ。宿泊できる「屋根裏あうん堂」もあります。今年8年目の古本屋さんです。お店の近くのお寺にて、月一回(冬季を覗く)、一箱古本市@源法院も開催されています。

五つ葉文庫さんは、面白い書き込みのある古本を「痕跡本」として、再評価されたことでも有名な古本屋さん。誰に頼まれるともなく、ブックマークイヌヤマを開催、こちらも、一箱古本市を同時開催。

古書とみたかさんは、町家古本はんのきも一緒に、サンポマガジンの第4号「古本ニューフェース」で紹介されたお店。昨年の芦屋の小さな古本市にも参加されました。私、同い年です。

100000tさんは、もはや京都の名物店と言っても過言ではないお店。店主のカジさんとビトー君が、何かしら面白イベントやってます。レコード・CDだけでなく、古本も楽しいお店。

子子子家本舗さんは、時には新刊書店員、時には消しゴムはんこ職人(こちらの名前は、子子子子子子 子子子子子子屋(ねこのこのこねこ ししのこのこじしや))、時には古本屋というミステリアスな方。ご存知な方も多いかも。

ふるほんやロシナンテさんは、ガケ書房古本棚のベテランさん。前回の古本フェスの時に、出店希望をいただいたのです。古本好きの確かな眼に選ばれた古本が並びます。神戸の海文堂書店さんでも出店経験あり。

今回のフライヤーも、ぱんとたまねぎの林舞さんにデザインしてもらいました。福岡へ、遠隔発注。北九州市の『雲のうえ』にも関わるんだとか。フリーペーパー最新号ももうすぐ発酵するそうです。

また、近隣には、町家古本はんのき(4月15日リニューアルオープン!)、KARAIMOBOOKSさん、獺祭書房さん、萩書房さん、澤田書店さんなど古本屋さんがあります。こちらもあわせてどうぞ。


古本フェスのフライヤー設置店(順不同、敬称略)
三月書房ガケ書房ジュンク堂書店 京都店月と六ペンス、エレファント・ファクトリー・コーヒー、雨林舎珈琲と本 さんさか、逃源郷、AMUCA(アミュカ)mocomococafe、チタチタ喫茶、Ital Gabon(アイタルガボン)、yugue(ユーゲ)、OKABARCaffe ZoeROCCACafe1001ことばのはおとカフェとショップ・酒房 たなかや書肆 砂の書、あうん堂本舗、100000t、古書とみたか、KARAIMOBOOKS古書善行堂、一色文庫、トンカ書店、獺祭書房、ありの文庫セルフソウ・アートギャラリー、町家古本はんのき


・古本フェス開催中、店内での飲食はできません。ご了承ください。
・専用駐車場はございません。公共交通機関、もしくは近隣のパーキング等ご利用ください。
・書籍のお取り置きは、引き受けいたしかねます。ご了承ください。

お問い合わせ:古書ダンデライオン・中村 
          TEL:075-211-1977 MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-25

臨時休業のお知らせ

です。

本日、25日(月)、臨時休業させていただきます。
ご迷惑をおかけします。

               町家古本はんのき



町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの4月の店番表はコチラ

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-18

絵本あります。

絵本外

こんにちは。なかむら(女子)です。
いただきもののお花で、店内とても明るいです。ありがとうございます。

今日は、台湾からのお客様が絵本を求めてご来店くださいました。
こけしもお好きで、しかもすでにお持ちとのことで、
「かわいいですよね~」とふたり盛り上がりちょっとうれしい。
こけし、世界へ。

絵本コーナー、ちょこちょこと入荷中です。
よかったらゆっくりじっくり、のぞいてみてくださいね。

絵本こけしなど

↑こけしも近々、ハナメガネオリジナルのこけしグッズを追加予定。
こちらもよかったらお楽しみに・・・。


theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-16

花冷え

です。

画像クリックで拡大

今日は、家から外に出た瞬間、ヒヤッとして、着る服を間違えたかなぁ、と思いつつも、そのまま店へゴー。季節の変わり目の服装はいつも迷ってしまします(そして大概ハズレる)。ともかくも、本日は、リニューアル後、初の単独店番。とはいえ、慣れたもんで、いつも通りの開店。

今日も色々な方が来てくださいました。“超”常連のガイブンスキーさん、ブログを見て来てくれた学生さん、吉祥寺でフリーペーパーも出されている学生さん、以前から来てくださっている方々、新メンバー・はねめがねさんのお友だちのNさん(なんと、プロボクサー!初めてライセンス見ました)、差し入れしてくださったKさん(ありがとうございました~)、これから結婚パーティーに行くという、おめかししたMちゃん、などなど、皆さん、新しいお店を楽しんでいただけたようで、嬉しかったです。

店内、少し配置換えしてます。また、これから変化があると思います。ちょこちょこ、と。

閉店後、残業してると、なんと、Yくんが。彼は、元・京都建築専門学校の学生さん。学生時代に、放課後、はんのきの改修工事に来てくれて、活躍してくれた子です。今は、滋賀の建築会社に就職し、最近は、京都の現場にいるとのこと(築100年近くの建物の解体・移築!)。久しぶりに来てくれて、「店内、だいぶ馴染んできましたね~」と言ってくれたのは嬉しかったです。

思い返せば、はんのき改修から、開店、第一期はんのき終了まで、色々ありました。これからも色々あるはず。第一期と同じように、メンバーと、お客さんと、それなりに楽しめれば。

ホットな一日だったものの、帰るころは、また一段と冷え込んでいて、ガクガク震えながら帰りました。皆さんも風邪などひかれませんよう。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの4月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

本日の店番読書:『日本の名随筆 別巻3 珈琲』(清水哲男編、作品社、1991年)
            
余談:ツイッターやってます。時たま思い出したようにつぶやきます。
   http://twitter.com/koshodandelion

余談2:古書ダンデライオンが参加する、マンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」もやってます。

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-15

はんのきリニューアルオープン

です。

画像クリックで拡大

町家古本はんのきは、本日リニューアルオープンしました。

フライヤーなど間に合わず、どれだけの方に知られてるのか、と多少不安になりながらの開店でしたが、雨のぱらつく中、通りがかりの方、ブログを見て来てくださいった方、きりりん堂さん、ありの文庫の木田さん、また、昨年のブックマークナゴヤ以来お会いできたOKAPPAさん、ありがとうございました。

画像クリックで拡大

私は、午前中、遠出の仕事があり、店に着いたのは15時ごろだったのですが、新メンバーの2人がしっかり開店してくれて、早くも頼もしく思いました。まだ少し空きがあるものの、また新たな3人の本を、あれこれ考えながら皆で並べ、本棚も一新、楽しめるものになっていると思います。いや~、人の本を見るのは楽しい、しかし。

画像クリックで拡大

桜も散り始め、すっかり暖かくなってきました。店番も楽しい季節。古本めぐりも楽しい季節。春の周遊コースに、またはんのきを加えてください。お待ちしております。今後とも、よろしくお願いいたします。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの4月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-14

リニューアルオープン・カウントダウン1

です。

画像クリックで拡大


はい、いよいよ明日です。12時から気の済むまで。

新しいメンバーの2人が「まだ(棚が)空いてる」とか「これはどう並べよう」
とか言ってるのを見ると、2年前の自分(の焦り具合)を思い出します。

あの時は、桜の季節も過ぎ、暑くもなっていましたが、今回は絶好の季節。
はんのきの北にある妙顕寺さんの門前の桜も見ごろです。

お花見がてら、ぜひお越しください。


町家古本はんのきの場所はコチラ

町家古本はんのきの4月の店番表はコチラ

本日の執筆:中村明裕(古書ダンデライオン ホームページブログ

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-13

リニューアルオープン・カウントダウン2

こんにちは。はじめまして。
はんのき新メンバーのはなめがね本舗なかむらあきこです。

本日もはんのき新装開店にむけて、 
古本、そして少々のこけしを、もくもく粛々と準備中です。

最近、やっと迷わずに店までたどり着けるようになりましたが、
昨日は本の搬入中にお店の土間で派手に転び、
全身アザだらけになるという惨事がありました。
両手に抱えていた古本たちを守ろうと、
前に手が出ずほっぺまで打ち付ける始末…。

こんななかむらですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

はなめがね本舗は、埼玉在住の相方とともに、
ネットや古本市などでも販売しています。

ヲトメの素人古本 はなめがね本舗
http://hanamegane.com/
皆様にお会いできることを楽しみにしています。




週末は、ガケ書房さんにて開催の
「ガラクタを想像力に変える投げ銭市」に参加させていただきました。

遊びに来てくださった皆様、ガケ書房の皆様、
ありがとうございました。

ガケ書房さんイベント0410



theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-12

リニューアルオープン・カウントダウン3

です。

画像クリックで拡大

こ、こけしが・・・。

4月15日(金)、12時より、リニューアルオープンします。どうぞ、お楽しみに~。

theme : 古本
genre : 本・雑誌

2011-04-02

リニューアルオープンのお知らせ

です。

4月15日、金曜日、町家古本はんのきがリニューアルオープンいたします。古書ダンデライオンに、新メンバー、古書思いの外、はなめがね本舗を加え、どんな棚にするか考え中。どうぞ、お楽しみに。

4月1日~14日の間、お休みとさせていただきます。

theme : 古本
genre : 本・雑誌

プロフィール

町家古本はんのき

Author:町家古本はんのき
「町家古本はんのき」は、
「古書ダンデライオン」、
「古書思いの外」、
「古書ヨダレ」、
の3人の店主が共同で経営している
古書店です。

住所:〒602-8357
京都市上京区鳳瑞町225

定休日:不定休

営業時間:12時~19時

メール:m.f.hannoki@gmail.com

電話:075-205-3286

店頭にて、古本買取しております。お気軽にお持ちください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。